家を建てる資金を考える|特殊な工夫を凝らした注文住宅で末永く暮らそう

特殊な工夫を凝らした注文住宅で末永く暮らそう

部屋

家を建てる資金を考える

室内

資金調達で行いたい工夫

南海での戸建て建築には、まとまった資金が必要になります。その資金をどうやって捻出するかは、多くの人が悩むところでしょう。手元資金だけで足りればよいですが、南海ではほとんどのケースで、ローンが組まれます。ローンは将来、返済し続けなければなりませんから、その負担をできるだけ軽くする工夫が必要です。低金利の時を狙って組む、途中で繰り上げ返済を行う、などの計画を立てローンを利用することで、返済額を大きく減らすことも可能です。また、親からの資金援助が期待できる場合はお願いすることも考えましょう。一定額までなら、戸建て建設に関して贈与税がかからない制度がありますので、こちらを利用することで、お得に自己資金を増やすことができます。南海でも実際、この制度を使って援助してもらう人が多いです。

資金計画は専門家と一緒に

戸建ては、人生の中でも一番大きな買い物の一つになります。そのため、資金計画は慎重に立てていく必要があります。特にローンを利用する場合は、老後までのライフプランを俯瞰しながら、各ライフステージでどれくらい出費があるのか、詳細を検討しつつ、無理のない返済計画を作りましょう。これらの計画を、一般の人が一人で立てていくのは困難をきわめます。金融や税制などへの深い知識が要求され、日々の忙しい生活の中、落ち着いて考える時間がなかなかとれない、という人もいるでしょう。そこで、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に支援してもらうことがおすすめです。こうした専門家は、いわばお金のプロであり、それぞれに応じた最適な戸建て建設の資金プランを提案してくれます。南海にも事務所が多くあり、無料相談をしているところもあるので、ぜひ相談してみましょう。